投資のはなし 投資の税金

FX取引にかかる税金を徹底解説!確定申告は必須!?

投稿日:

FXの概要

FXとは、通貨を売買する‟外国為替証拠金取引”のことを言います。

FX取引は、通貨の売買により生じる為替レートの変動による為替差益を得ることを目的とした金融商品です。

FXにかかる税金

その年の1月1日から12月31日までの1年間に得た利益に対して税金かかります。

FXの取引によって生じた利益は「先物取引に係る雑所得等」という所得に分類されます。

この所得は、税金の計算上、他の所得と合算されず、申告分離課税の対象となります。

取引によって発生した利益に対して20.315%(所得税等15.315%、地方税5%)の税金がかかります。

確定申告は必要!?

FXの取引から生じた利益については、株式の取引のように証券会社による特定口座という制度がなく、所得税等の源泉徴収が行われていないため、確定申告をする必要があります

利益の計算方法

FXの利益 = 為替差益 + スワップポイント - 必要経費

この必要経費には、売買手数料やFX取引の為に購入したパソコン代金、書籍代や振込手数料などが該当します。

損失が出た場合

FXの取引から利益が生じず、逆に損失が出た場合はどうなるのでしょう?

この場合、確定申告は必要ありません

しかし、確定申告をした方がお得になる場合があります。それはこの年に生じた損失を翌年以降に繰り越したい時です。

損失は翌年以降に繰り越せます

‟先物取引に係る雑所得等の金額”については、他の‟先物取引に係る雑所得等の金額”と損益通算をすることが出来ます。

※ 先物取引に係る雑所得等以外の所得の金額とは損益通算できません

そして、損益通算をしてもなお損失が余る場合、この損失を翌年以降の3年間繰り越すことが出来ます

繰り越した損失は、翌年以降の‟先物取引に係る雑所得等の金額”から控除することが出来ます。

この繰越控除の適用を受けようとする場合は、損失が出た年分の確定申告と、それ以降も損失額がなくなるまで最長で3年間、連続して確定申告書を提出する必要があります

繰り越しが可能な3年間については、そのいずれかの年において申告書の提出をし忘れた場合、それ以降の年において以前の損失を繰り越すことが出来ないので注意が必要です。

まとめ

FX取引においては利益が出た場合だけでなく、損失が出た場合にも確定申告することで受けられる控除があります。

確定申告をする際は、確定申告書に加えて「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書」、FXの取引会社が発行する「年間損益報告書」を用意する必要があります。

また、損失の繰り越しを行う場合には「申告書付表(先物取引に係る損失申告用)」の作成も必要ですので忘れないように注意してください。

-投資のはなし, 投資の税金

Copyright© ari.blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.