個人の税金(所得税・贈与税) 税金のはなし 相続のこと 法人のこと

月の途中で死亡した後に支払う役員報酬は非課税!?

更新日:

法人税法上の経費になる!?

月の途中で役員が死亡した場合、遺族に対して支給した役員報酬は法人税法上の経費として認められるのでしょうか?

役員報酬は、労働に対する対価ではなく、役員の職務の執行に対する対価として支払が義務付けられているものです。

なので、役員が月の途中で死亡した場合にも、日割り計算という概念はなく満額で支払うこととなります。

このように遺族に対して支給した役員報酬も定期同額給与として法人税法上の経費となります。

  

相続税の課税対象となります

死亡日以後に支払われる最後の役員報酬は、相続開始日には、支給日の到来していない給与として相続財産に含まれます

  

所得税は課税されません

死亡日以後に支払われる最後の役員報酬は所得税の対象ではないため、所得税は非課税となります。

前月と同じように源泉徴収はしないように気を付けてください!

-個人の税金(所得税・贈与税), 税金のはなし, 相続のこと, 法人のこと

Copyright© ari.blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.