宮古島旅行記 旅行

宮古島旅行記(西表島) −2020.10 ⑤日目

更新日:

高速船で西表島へ

待ちに待った西表島ツアーの日です。

離島ターミナルから高速船に乗って西表島大原港へ向かいます。

大原港まではおよそ40分。

船酔いが心配でしたが、ほとんど揺れることもなくて全く大丈夫でした!

大原港まではガイドさんが迎えに来てくれます。

マングローブツアー

午前中は西表島マングローブツアーを楽しみます。

カヌーを選択したつもりが、こちらの連絡ミスでSAPに・・・

不安しかありません。

ツアーには私たちのほかにも5組くらいの方がいらっしゃって、ワイワイガヤガワしながらマングローブツアーの始まりです。

みんなSAPは初めてな様で不安そう・・・

でも、みんな初心者だから大丈夫だよね♪

中でも私が一番不安そうな顔していたようで、ガイドさんが、カヌーとしても使えるオールを貸してくださいましたw

そういう気づかいがあると嬉しいし、何より安心しますよね!

❝マングローブ❞とは、 熱帯地域や亜熱帯地域の河口付近や、海水と淡水が混ざり合うような場所に生息する木の総称 のことを言うようです。

通常の植物は、塩分が入っていると呼吸ができず生きていけないのに対し、マングローブの木は海水を吸って、塩分だけを根や葉などから出すことが出来るらしいです。すごいですね!

そんなマングローブの中をSAPで進んでいると、なにやら「実」のようなものが流れてきます。

この「実」 のようなものの正体は、「オヒルギ」という植物の種。

お土産物屋さんでも売っていて、買うと1本800円程するらしいです。それが自然に流れてくる・・・

数個だったら持って帰ってもいいということで、私も持って帰って家で育てることにしました♪

↑↑↑ ちなみにこんな感じです。

SAPを降りて少しマングローブの中を散策します。

自然に囲まれたマングローブでは、見たことのないような亜熱帯の動植物もみることができました!

マイナスイオンに癒されますね♪

島のおひるごはん

お昼休憩は好きな食堂で各自ごはんタイム。

おいしい焼きそばをいただきました。

バラス島

おなかもいっぱいになったところでシュノーケリングツアーの始まりです。

小さな船に乗ってスタート!

予定にはなかったのですが、途中でバラス島に寄ってくださいました!

バラス島は、 西表島北部の上原港沖に浮かぶサンゴだけでできた島です。

海の中にあって、潮が満ちていくとどんどん小さくなります。

以前は満潮になっても沈むことはなかったようですが、近年では完全に沈んでしまう時間帯もあるようです。

白いサンゴと海と空のコントラストが美しすぎます!

ウミガメシュノーケリング

初体験のシュノーケリング。

ガイドさんに「泳げません」と先に伝えておきます。

「大丈夫ですよ!」と軽く返される・・・泳げる人にはこの怖さはわからないのよ・・・

いざ、海へドボン。

つけているライフジャケットのおかげでちゃんと浮きます。

はじめは怖さの方が大きくて、あまり楽しめなかったんですが、途中からだんだん楽しくなってきました。

ウミガメ発見!!!

っと、思いきや・・・あちらにも、こちらにも、ウミガメがたくさんいるではないですか!

でもよくよく見ると、外来種のカメも混じっているよう。

(↑ この、甲羅のふちがトゲトゲしているのが外来種だそうです。)

なんとなく区別がつきますね!

海の中は一面がきれいなサンゴ。

魚もたくさんみることができ、少し移動すると急に深くなって底が全く見えないところもあったり・・・

魅力たっぷりすぎて、なかなか船に上がれませんw

結局最後まで一度も休憩することなく、海の魅力に取りつかれながら、この日のシュノーケリングは無事終了。

行きは大原港で下船しましたが、帰りは上原港から高速船に乗ります。

と、いうのも上原港は西表島の北部に位置します。

大原港は西表島の東南部です。

二つの港は車で50分くらいの距離。結構離れてますよね。

西表島は、マングローブツアーやシュノーケリングで有名ですね。

日本に植生するマングローブ林は約600Haと言われていて、そのうちの25%が仲間川流域に生育しています。

なので、マングローブツアーには、仲間川とつながっている大原港がお勧めなんです。

反対に 、星砂の浜や、 トゥドゥマリの浜(月ヶ浜)、中野海岸へは、上原港がお勧めです。

連日の「ひとし」

昨日のマグロが忘れられなくて、今日もこりずに「ひとし」を予約。

ただし、今日は昨日より混んでいるようで、何時になるかわからないとのこと。

おなかがすきすぎて、近くの「エイコ鮮魚店」で間食を取ることに。

石垣島は近海でマグロやカツオが獲れることで有名です。なので、石垣港の近くには鮮魚店が20軒以上も点在しています。新鮮な魚をリーズナブルなお値段で食べられるのが魅力的!

そんな中でも、「石垣島で刺身を食べるなら絶対ここ」と書かれている書き込みを信じて「エイコ鮮魚店」をチョイス。

お店の中は混んでいて満席状態でしたが何とか席を確保。

エイコ鮮魚店はどのメニューもボリューム満点で、かつ安い!

刺身はこのボリュームで500円!

他にも、マグロのレアカツとマグロのサイコロステーキを注文しました。

ちょっと間食、のつもりが想像以上のボリュームでおなか一杯。

ちょうどお店をでたところで「ひとし」から、そろそろ空きます、のお電話。

せっかくのひとしでしたが、満腹すぎてこの日は少しだけしかいただけませんでした。

間食せずにもうちょっと待っていればよかったなぁ・・・

-宮古島旅行記, 旅行

Copyright© ari.blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.